美容・関節と切っても切れない関係?コラーゲンとは

美容について調べていると「コラーゲン」という言葉が頻繁に出てきます。皆さんすでになじみの深い成分ですよね。実は、コラーゲンは、関節とも関係性が深いのです。ここでは、関節との関係性と美容効果についてまとめてみたいと思います。コラーゲンとは、簡単に言うと体中のほとんどの組織に存在している「繊維状のたんぱく質」です。体中のたんぱく質の中で最も多い約30%をコラーゲンが占めているのです。

体(皮膚や臓器、骨などすべて)は、非常に多くの細胞から成り立っていますが、コラーゲンの働きは、その細胞と細胞の間を埋めることです。それで、繊維状になっているのですね。繊維状になっていなくては、しっかり細胞を繋ぎとめていられなくて、バラバラになってしまいます!

関節との関係が深い理由は、軟骨や骨を構成している細胞がコラーゲンを生成しているからです。さらには、美容との関係も同じく、皮膚を構成している細胞もコラーゲンを生成していることに由来します。関節や美容とコラーゲンは、切っても切れない関係なんですね。

新陳代謝を活性化!コラーゲンを補給して潤いのぷるぷる美肌

生成されたコラーゲンは、細胞が新陳代謝を潤滑に行うことをサポートしています。細胞は、古いものが分解され、新しく生まれた細胞が所定の場所に定着して、健全に働いてくれます。その際、分解された古い細胞は、血管から外に出されるのですが、血管を通って出なくてはなりません。

そこで、コラーゲンがポイントとなります。コラーゲンも絶えず新陳代謝を繰り返しているのですが、新陳代謝が十分行われなくなってくると、コラーゲン繊維が硬くなってしまい、古い細胞が血管に流れ出るのを妨げてしまいます。すると、分解された古い細胞が体内に残り、様々な体に悪い症状を引き起こしてしまうのです!

また、肌の潤いや弾力を支えているのもコラーゲンの新陳代謝です。コラーゲン繊維が柔軟な状態を保つことで、成分や細胞が自由に移動でき、十分な水分や栄養が補給されスムーズに老廃物が外に流れ出てくれるからです。もちろん、水分を補給してくれるのは、「軟骨成分コンドロイチンの保水力」です!美肌を守ってくれているのは、コラーゲンの新陳代謝とコンドロイチンの保水力だったんですね。

ただし、コラーゲンも例に漏れず、加齢により減少していきます。肌の潤いや弾力がなくなってくるのです!そこで、ぷるぷるな肌と潤いをフォローしてくれるのは、サプリメント。コラーゲンを健康食品から摂ることにより、新陳代謝を活性化させてあげるのです。もちろん、潤いも大切ですから軟骨成分のコンドロイチンも一緒に補給したいところですね!