コンドロイチンとグルコサミンの効用を比較

コンドロイチンとグルコサミンは、一緒に摂取すると相乗効果を発揮すると言われています。そこで、まずはコンドロイチンとグルコサミンの効用を簡単に比較してみます。

コンドロイチンの主な効用

  • 組織に弾力を与える
  • 組織の水分を保つ

グルコサミンの主な効用

  • 軟骨細胞を活性化させる
  • コンドロイチンやヒアルロン酸などを生成する

グルコサミンの作業をコンドロイチンが助けたり、逆に、グルコサミンがコンドロイチン生成することでコンドロイチン不足を補ったりと、グルコサミンとコンドロイチンはお互いに助け合っているのです!

コンドロイチンとグルコサミンの相乗効果

グルコサミンは、「軟骨の再生」にとても重要な働きをしていて、コンドロイチンは、軟骨が弱ったり壊れたりして、機能不全を起こさないように「軟骨を支える」役割を担っています。つまりグルコサミンが軟骨を修復しているときに、コンドロイチンがその修復作業をフォローしてくれるということです。

グルコサミンがコンドロイチンを生成するのだから、グルコサミンだけで十分では?と思うかもしれませんが、それだけでは十分ではありません。

例えば、グルコサミンを摂取して即座に十分な量のコンドロイチンが生成されれば問題ないのでしょうが、軟骨の修復をしながら、同時に十分な量のコンドロイチンも生成するということまでは期待できません。そこで、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取すると相乗効果が期待できるということになるのです。摂取したグルコサミンからコンドロイチンが生成されるまで待つのではなく、同時にコンドロイチンを摂取して、すぐに軟骨の再生のフォローをさせるのです。

コンドロイチンによるフォローがないまま、軟骨が再生されても弱い軟骨になってしまいます。そう考えると一緒に摂取した方が合理的ですよね。とはいえ、グルコサミンとコンドロイチンの2種類をいつも摂取するのは面倒だな~、と感じてしまった方も多いはずです。私もその一人……。

そこで、色々と調べていて見つけたのが「N-アセチルグルコサミン」!グルコサミンとコンドロイチンの効果をこれ一つで期待できるんですよ~。さらにN-アセチルグルコサミンは味が美味しく、1個だけで十分なのに、うちの父ったら「何なら2、3個食べたいなぁ、ははははは」などと軽口を叩くくらいでした・・・。それはともかく、少し甘味があって飲みやすいのは確かですよ!

「N-アセチルグルコサミンとは」のページで少し詳しく紹介しているのでご覧ください!