膝の痛みの様々な原因と最も多い「変形性膝関節症」について

膝の痛みの原因として、一番多い加齢に伴う「変形性膝関節症」、スポーツや事故による「外傷」、細菌などが関節に入り炎症を引き起こすことによる「感染症」、免疫反応の異常による「リウマチ」、体内の代謝異常によりできた物質により引き起こされる「通風」などが上げられます。このサイトでピックアップしている「軟骨」は、「変形性膝関節症」と「外傷」が深く関わっていますので、この二つについて見てみましょう。

人の体は若い頃はグルコサミンやコンドロイチンといった軟骨成分の働きにより、日常生活で軟骨が磨り減ってもすぐに再生し、軟骨を正常な状態に保っています。しかし、もっとも多いと言われている「変形性膝関節症」は、グルコサミンやコンドロイチンといった成分が加齢により不足して、この正常な状態を保てないようになって引き起こされるものです。

軟骨の再生が追いつかないと、軟骨が変形してしまい、違和感を感じるようになり、やがて痛みを感じるようになるのです。

膝の痛みに効果アリ!の軟骨成分のサプリを比較しています>>

過度なスポーツや事故による「外傷」について

次に、変形性膝関節症のような内的な要因に対して、膝の痛みの外的な要因として「外傷」があります。過度なスポーツや事故により、膝に大きな負担が加わり軟骨を損傷してしまうのです。

その場だけの痛みだろうと軽く考えて放っておくと、例えば、10~15歳くらいの子供に見られる膝関節の骨や軟骨に血行障害が生じて引き起こされる離断性骨軟骨炎のように、徐々に悪化するものもあるので注意が必要です。ちなみに、このような血行障害も外傷によるものです。

徐々に悪化するという点に関しては、加齢に伴う変形性膝関節症もグルコサミンやコンドロイチンの不足が原因なので、どんどん進行していきます。変形性膝関節症でも外傷でも、膝に違和感を感じたら専門医に見てもらいましょう! 日々の予防を考えるなら、やはりサプリメントですね。