変形性膝関節症の原因は?

膝の関節痛の中でも、特に身近な「変形性膝関節症」は、普段の生活の中で予防できますので、是非ここでまとめてみたいと思います。まず、変形性膝関節症の原因は、加齢による軟骨の再生不良や膝への過度な負担です。これらの原因により、軟骨が正常な形から変形してしまい、変形性膝関節症になってしまうのです。誰でも変形性膝関節症になる可能性があるということですよね!

ちなみに、変形性膝関節症は軟骨が変形していくのですが、そのまま放っておくと悪くなるばかりか、一度変形すると二度と元に戻らなくなってしまいます。特に注意した方がよい人は、「50歳を越えた女性」や「体重が重めの人」、「姿勢が悪かったりO脚だったりする人」、「長期にわたって同じ姿勢で仕事や趣味を行う人」、「スポーツを続けている人」です。

当てはまる人は、膝に違和感を感じたらすぐに専門医に見てもらうか、これから紹介する予防法を生活の中に取り入れてみてくださいね!

変形性膝関節症の予防法!

さて、気になる予防法なのですが、調べてみるとごくごくシンプルなことだったんです。「関節の周りの筋肉を鍛える」、「肥満にならない」、この二点です。

「関節の周りの筋肉を鍛える」ということに疑問を感じた方もいると思いますが、これがとても重要なことなのです。年を重ねると特にグルコサミンやコンドロイチンが不足しがちになってきます。そのとき、少しでも膝に負担がかからないように、できるだけ筋肉を鍛えておくことが重要なのです。水中ウォーキングや軽いストレッチなど、膝に負担のかからない程度の簡単な運動から始めてみると良いと思います♪

また、肥満も大敵です!体重が増えると膝の関節への負担がより大きくなるからです。バランスの良い食事を取りながら、次第に体重を減らしていくようにしましょう。食事が重要なのは、栄養のバランスを崩して肥満になることを避けるためです。

ただし、軟骨の再生に深く関わる軟骨成分のコンドロイチンやグルコサミンは、食事から微量しか摂取できませんので、膝が不安になってきたら積極的にサプリメントを活用しましょう。