何故、サプリメントによる軟骨成分の補給が必要なのか?

サプリメントで栄養補給!と聞いて、「体に大切な成分は、規則正しい食生活で摂取できるんじゃないの?」と思った方もいらっしゃるでしょう。しかし、普通に規則正しい食生活を送っていたとしても、このサイトで取り扱っているテーマの「軟骨の磨り減りによる関節痛」をともなう変形性膝関節症などを患う可能性があります!

何故なら、軟骨成分であるコンドロイチンやグルコサミンは、食事には、ほんの少ししか含まれていないからです。そんなときにサプリメントがとても重要なのです。

関節痛の原因の一つである軟骨の磨り減りを補うための成分、コンドロイチンやグルコサミンの不足は、加齢とともにやってくる可能性があります。若いうちには、体内で十分にコンドロイチンやグルコサミンが生成されています。ですが、加齢とともに体内で生成されるコンドロイチンやグルコサミンが減っていくからです。ちなみに変形性膝関節症の場合、60歳以上のどの年代でも、女性が男性の約1.5~2倍近く症状を引き起こしています。女性は特に注意したいですね。ただし、男性でも80歳代では50%近くの人に関節痛の症状が見られるそうですので、油断しないようにしましょう。

ということで、軟骨の磨り減りによる関節痛への対策が、普段の食事だけでは不十分ならば、当然サプリメントで、コンドロイチンやグルコサミンの補給をしなければならないということになりますね。

おすすめの軟骨成分サプリBEST5はこちら>>

コンドロイチン・グルコサミン不足は、老若男女みんなにあります!

ところで、ここで注意したいのは、サプリメントの摂取が年をとってからの対策というだけではないということです。若い頃にはコンドロイチンとグルコサミンは十分に生成されると書きましたが、「若いうちでも膝の関節痛になる可能性」が十分にあります。

何故なら、軟骨は、普通の生活をしていれば常に磨り減っていますが、「体を激しく動かすことが多く、また食生活も偏りがち」な若い人であれば、膝への負担が大きくなったり、栄養の偏りで軟骨成分の体内での生成が活性化されなかったりするからです。つまり、軟骨の磨り減る度合いが過剰に大きくなったり、軟骨の再生が追いつかなくなったりで、若い人でも膝に違和感や関節痛を感じ始める可能性があるということです。

膝を動かすことが不自由になっては、通常の生活に支障をきたすのは明らかですよね。若い人たちも、普段何気なく動かしている膝ですが、たまには気遣ってあげましょう。ちなみに、健康のために普段から気をつけてコンドロイチンやグルコサミンのサプリメントをスタートするのは問題ないとして、「膝に違和感や関節痛を感じて」サプリメントを始める場合は、専門医の診断を受けるようにしましょう。素人判断で症状を悪化させないように注意してくださいね!